甘いもので集中力を上げる

気力がない時は仕事や勉強をしているときは集中力がググッと湧いてこないもので、何もやろうと怒らないものです。誰でも一日中同じペースで走り続けることの難しさを感じるのですが、午前中は頭が働かずに家にか入りたいと思ってしまうのですが、あとになると単に能率が落ちてしまうという人もいます。

 

そんな人は、そのままボーっとした日々を送るのではなくて、仕事ののりが今一つよくない時にどのような音をしたらいいのかを考えることが大事になるはず。

 

甘いモノはいわば脳のガソリンと言われているために、糖分が少し多めのキャンディーを食べてみる。すぐに脳が働くときのエネルギーになってくるので、ただし、食べる量は程々にしてから、眠気に恐れる可能性があるので、量は少なめにしておきたいもの。

 

甘いキャンディーやチョコレートをこっそりと食べることで、今までボーッとしていたことがびっくりするくらい冴えてくれるはず。

 

あとはガムを噛んでもいいと思います。集中力が冴えて、勉強や仕事に夢中になれるはずです。