不安定な体

トップページにも少し話したように、どうしてもイライラしたり、ちょっとしたことでカッとなるひとが多いと言われています。気分が沈みがちになるなど、心が不安定になりがちなので、これはちょっとしたことではそのままにはしておけない感じでしょうね。

 

月経前に急激に黄体ホルモンが増えてから、ホルモンバランスが変化することが原因だと言われているんだって。精神的な部分、つまり気力がなくなったりすることでも、ホルモンは十分に関係するそうなので、やはり考えておかなくてはいけない。

 

自分での感情コントロールが出来ないことで、どうして、気力の低下、不眠や不安などが襲ってきたりするわけなんです。

 

そういった時は、婦人科や女性外来に相談してみても良いかと思う。症状が強い場合は、なかなか相談をする意欲すらわいてこないという人もいるそうなんですが、まずは、家族や友達でも良いので、軽く相談をしてみてもいい、話を聞いてもらうだけでも気分は落ち着くかと思う。

 

 

セロトニンが低下したりすることで、気分のむらの変調が多ると言われている。
症状の出方にも色々なケースが有り、正常範囲での落ち込みの見分けは自分では難しいために、まずはムリはしないように注意をしておきたい。