太陽の光をあびて歩く

普段の生活なんかでも、セロトニンを増やすように心がけるといいそうです。例えばウォーキングとか。仕事などで、どうしても毎日のようには難しいのですが、太陽の日差しを浴びながら、歩いて回ることで、セロトニンを増やすことが出来て、気力回復につながったりするそうです。やはり、こういったことを心がけて行うことって重要だと思う。

 

一定のリズムで歩いたり、走ったりするか、効果的ですが、周りの景色や天気などに気をとらわれず、アルク、走り回ることに集中していくことがだいじになるわけなんですね。

 

他のことを考えていると、脳への効果はありません。
やはり、歩くスピードなんかに変化を与えるだけでも全然異なってくるそうです。

 

ウォーキングは時速5キロぐらいで、ジョギングは時速6〜8キログラムにするわけなんですね。

 

楽に呼吸をするようにして、できるだけノンストップで歩きまわるわけです。そして、あるきときはできるだけ今まで歩いたことのない道。すると、気持ち的にワクワクするために、ストレス解消なんかにもつながるそうです。

 

なおかつ、ウォーキングの場合は、体を上下に動かすために、筋肉や血管の活動にも繋がる。いろんな部分に対しても効き目があるために、進められているわけなんですね。